自分でできる!アコースティックギターを簡単にカスタマイズする3つの方法

自分でできる!アコースティックギターを簡単にカスタマイズする3つの方法

アコギに限った話ではないですが、自分の楽器って愛着が湧きますよね。

買った時の状態も勿論良いけど、何かしら自分ならではのオリジナリティが欲しくなる時ってありませんか?

かと言って、派手なインレイやバインディングを入れようとすると、自分ではできないですし職人さんに頼むとなるととんでもない出費になってしまいます。

 

そこで、今回は自分ひとりで簡単にできるアコギのカスタマイズ方法を3つご紹介します。

ブリッジピンの交換

アコギを新品で買った場合、多くはプラスチック製のブリッジピンが使われていると思います。

そのままでも問題はないのですが、ブリッジピンも弦の振動を伝える重要なパーツの一つで音に少なからず影響してきます。

こちらにそれぞれの音を検証した記事がありますので、気になる方は是非。

ローズウッドやエボニーなどの木材製や牛骨製、金属製など素材によって音の印象がかなり変わりますし、見た目にも多少ですが高級感をプラスできるのが良いところですね。

値段も1000円程と安い上、弦の交換ついでにできてしまうので、カスタマイズの難易度としては超簡単です。

私はエボニー製のブリッジピンに交換したのですが、以前より音が太くなり音圧を強く感じられるようになったのでオススメです。

インレイステッカー

ギターに貼るだけのシール型インレイです。

シールなので簡単に貼れますし、デザインも色々なものが発売されています。

結構派手なものもあり、こちらの猫足はインパクト大です。

高級ギターによくある鳥型のインレイも。

あまり派手すぎるのが苦手なひとはアバロン風のドットくらいが良いかもしれません。

ピックホルダー

最後はヘッドに取り付けるピックホルダーです。

ピックって机の上とかに置いておくと結構失くしてしまうんですよね。

これを付けておけばピックの紛失はなくなりますし、気分によってピックをすぐに交換できるのが便利です。

 

また、演奏面でも実は使えるところがあります。

Aメロはフィンガースタイルでアルペジオ、その後Bメロやサビでピックに持ち替える、なんてことも可能にしてくれます。

これも1個500円くらいなので気になる方は試してみてください。

以上、アコギの簡単カスタマイズ方法を3つ紹介させていただきました。

ギターは見た目も大事ですから、自分なりにカスタマイズするとより愛着が深まると思います。

それでは、良きギターライフを。


アコギカテゴリの最新記事