【LIONMEDIA】Googleアドセンスの審査で「ドメイン所有権」エラーが出た時の対処法【LIONBLOG】

【LIONMEDIA】Googleアドセンスの審査で「ドメイン所有権」エラーが出た時の対処法【LIONBLOG】

こんにちは、vinoです。

Googleアドセンスに申請してみたものの、審査前の段階からエラーだらけで笑えてきました。

一応解決しましたので、テーマにLIONBLOGまたはLIONMEDIAをお使いで、Googleからドメイン所有権を理由に不承認となった方の参考になれば幸いです。

私の場合、こんなメールが届きました。↓

審査用コードの貼り付け場所が違う

上のメールを受け取った方は、おそらくコードを違う場所に貼り付けています。

「外観」>「テーマの編集」>「テーマヘッダー」

に審査用コードを貼り付けていませんか?

 

LIONBLOG / LIONMEDIAの場合、ここにコードを貼り付けても反映されないようです。

トップページで右クリックして「ページのソースを表示」で確認しても、貼ったはずのコードが書かれていないはずです。

コードの正しい貼り付け場所

対処法は以下の場所にコードを貼り付けなおすだけです。(画像赤枠部分)

「外観」>「カスタマイズ」>「高度な設定(LION用)」>「</head>直上の自由入力エリア」

コードを貼り付けて「公開」ボタンを押して公開できたらOKです。

そのままGoogleの申請を続けましょう。

「公開」ボタンを押すとエラーが出る場合

ここで「公開」ボタンを押すとエラーが出るケースがあります。

こんなエラーです。

 

『何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。』

 

…とてもアバウトで何がいけないのかサッパリ分からないですね。笑

時間を置いてもう一度試しても何も変わりません。

もし、このエラーが出たら以下の対処法を実施してみてください。

プラグインの一時停止

WordPressはプラグインが邪魔して動作がおかしくなってしまう場合があるようです。

一度すべてのプラグインを一時的に停止させてから、もう一度ためしてみてください。

ロリポップ!サーバーのWAF設定を一時的に無効にする

もし、プラグインを停止してもダメだった場合。

ロリポップ!のサーバーをお使いの方は、サーバーのWAF設定を無効にすることで解決できます。

 

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)とは、ウェブサイトに対する攻撃を自動的にブロックする機能でロリポップ!では全プランで標準装備されています。

このWAFが邪魔をしてアドセンスの審査用コードの貼り付けを許可してくれないようです。

WAF設定の仕方

ロリポップにログイン後、下の手順でWAFを無効にできます。

「セキュリティ」>「WAF設定」>対象のドメインを「無効にする」ボタン押下

 

設定変更の反映に5~10分ほど掛かるので、少し時間を置いてから再度コードを貼り付けてみてください。

無事コードの貼り付けができたら、WAF設定を「有効」に戻すことをお忘れなく!

まとめ

テーマにLION BLOGまたはLION MEDIAをお使いで、なおかつサーバーにロリポップ!をお使いの方向けの内容でした。

どれもこれも分からんことだらけで泣きそうでしたが、これで何とかGoogleアドセンスの申請ができるはずです。

自分の備忘録用に書いた部分もありますが、少しでも参考になれば幸いです。

以上!

ブログ運営カテゴリの最新記事