【Nintendo Switch】プロコンの左スティックの動きがおかしい時の応急処置方法!

【Nintendo Switch】プロコンの左スティックの動きがおかしい時の応急処置方法!

Nintendo Switchの周辺機器として販売されているProコントローラー。

スプラトゥーンのプレイヤーからするとプロコンはほぼ必須みたいなものですが、発売当初から左スティックの不具合が話題になっていますよね。

上方向への入力ができなくなり、イカちゃんが前進しないというかなり致命的な不具合で、左スティックの支柱に出てくる白い粉が原因ではないかと言われています。(任天堂は公式に白い粉が原因ではないと否定しています)

 

買って3か月もしないうちに不具合が出る人もいて、Googleで「プロコン」と入力すると「分解」「修理」という予測ワードが真っ先に出てくるほどです。

ただ、分解はメーカー保証対象外となるのでオススメしません

左スティックを掃除するために分解をして、自分では直せない他の部分を壊してしまったとしてもメーカーは修理を受け付けてくれないでしょう。

購入から1年以上経っている場合、メーカー保証は切れていますが、それでも分解は自己責任ということは覚えておきましょう。

 

というわけで、分解以外でできる左スティックの直し方をお教えします。

1.左スティックに付いている白い粉を掃除

いま付いている白い粉がこれ以上コントローラー内部に入らないように拭き取っておきましょう。

公式はこの白い粉が原因ではないと主張していますが、白い粉が入るということは内部に異物が溜まるということなので、やはり無関係とは思えません。

できるだけこまめに拭き取ることで内部に入る量を減らしておきたいところです。

2.外側から風を当てる

実は私も購入して3か月で不具合が発生して困っていたのですが、この方法で半年以上まともに使えています

やることはとっても簡単です。

  • 左スティックを下に倒して押し込んだ状態にする
  • スティック上側の隙間に向けて風を当てる

不具合が起きても、私の場合これだけで直っています。

風を当てる方法としては、エアダスターやブロアーを使用する方が安全でしょう。

私はと言うと、息でフーフーしているだけです。

水分が内部に入るから壊れるという意見もありますが、小学生の頃ファミコンのカセットにフーフーしまくってた世代なので気にしません。笑

今のところ特に壊れる気配もなく使用できています。

3.壊れないための予防策

白い粉がこれ以上内部に入らないための対策が必要です。

グリスを塗ったり、リング状のスポンジを嵌めるのが一般的に有効だと言われている対策方法です。

というのも、スティックが縁取りに当たることで削れて白い粉が出てくるのではないかと考えられているためです。

グリスにしてもスポンジにしても追加出費が必要になるので、簡単に済ませたい方は左スティックにセロテープを巻き付けるだけでも良いと思います。

多少操作性が悪くなるかもしれませんが、白い粉が出るよりかはマシでしょう。

プロコンはコントローラーとしての使いやすさが優れているだけに、左スティック不具合が非常に勿体ない製品だと思います。

任天堂が早く対策を施したバージョンアップ版を発売してくれるといいのですけどね…。

それでは、良きゲームライフを!

ゲームカテゴリの最新記事