ついに”PSミニ”登場!FF7などの名作が内蔵された「プレイステーション クラシック」が12月3日発売

ついに”PSミニ”登場!FF7などの名作が内蔵された「プレイステーション クラシック」が12月3日発売

とうとうニンテンドークラシックミニと同じような、レトロゲーム機の小型復刻版がプレステにも登場するようです。

任天堂を後追いする形で発売されることとなるため、製品名は「プレイステーション クラシック」であるにも関わらずTwitterでは「PSミニ」とう単語がトレンド入りしています。(2018/9/19現在)

 

以下、公式が発表している製品のリリース情報の抜粋です。

1994年に発売した「プレイステーション」のデザインをコンパクトなサイズで精密に復刻し、懐かしの「プレイステーション」ソフトウェアタイトルを20作品内蔵した「プレイステーション クラシック」を、希望小売価格9,980円+税で2018年12月3日(月)より数量限定で発売します。

参照元:PS.Blog

発売日は、初代プレイステーションが発売された1994年12月3日からちょうど24年後となる2018年12月3日です。

24年の時を経て蘇る初代プレステを改めてプレイしてみると、色々と思う所があるかもしれませんね。

商品概要

ぱっと見の外観やボタン配置は初代PSそのままに、縦横で約45%、体積だと約80%コンパクトになっています。

本体のほかに、専用コントローラ×2、HDMIケーブル、USBケーブルを同梱しており、対戦や協力プレイにも対応しているようです。

USBケーブルは本体への給電に使われます。

内蔵タイトル

さて、そんなPSクラシックには20タイトルが内蔵されるとのことです。

しかし、いまのところ、確定しているタイトルは以下の5タイトルのみ。

  • 『R4 RIDGE RACER TYPE 4』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
  • 『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』(SIE)
  • 『鉄拳3』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
  • 『ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル』(株式会社スクウェア・エニックス)
  • 『ワイルドアームズ』(SIE)

FF7のインターナショナル版が入っているのは嬉しいですね!

アーカイブスでも販売されているタイトルではありますが、あちらでは約1,500円ということを考えると、今回の内蔵タイトルの中で目玉となるのは間違いなさそうです。

鉄拳やワイルドアームズも根強いファンが多い作品ですので、残りのタイトルにも期待ですね。

上記5タイトル以外は販売される国や地域で異なる場合があるとのことなので、それぞれの国や地域での人気に合わせた内蔵タイトルになるのでしょう。

注意事項としては、PSクラシックはダウンロードなどでソフトウェアの追加を行うことはできないことと、「メモリーカード」などの「プレイステーション」用周辺機器はPSクラシックで使用できないことが挙げられます。

個人的に内蔵してほしいタイトル

残りのタイトルについても、やはり現在アーカイブスに登録されているタイトルからの選出になるのではないかと思います。

しかし、個人的にはアーカイブスで買うことのできないタイトルこそ選んでほしいと思ってしまいます。

今となっては遊びたくても実機がなければ遊べないゲームを入れてくれたら最高です。

聖剣伝説 レジェンドオブマナ

いわずと知れた「聖剣伝説」シリーズのPS作品で、アーカイブスでも販売されています。

絵本のような温かみのあるイラストと世界観に情緒あふれるBGM。

それにプラスして聖剣伝説らしいアクションの楽しさとやり込み要素が詰まっています。

個人的には聖剣伝説の中で最も好きな作品で、是非ともPSクラシックにも内蔵してほしいと思っています。

ティアリングサーガ

「ファイアーエムブレム」シリーズ生みの親である加賀昭三氏が独立後に開発したシミュレーションの名作です。

ゲームシステムがFEにあまりに酷似していたことから、任天堂と裁判にまで発展してしまったいわくつきの作品で、もちろんアーカイブスにも登録されていません。

(生みの親が同じなので似たようなゲームになるのは当たり前ではありますが。)

裁判で著作権侵害は認められず、のちに続編となるベルウィックサーガも発売してはいるが、大人の事情で再頒布は難しいかもしれません。

バーガーバーガー

自分の手で魅力的なハンバーガーを開発することでハンバーガーショップの売り上げを伸ばしていく経営シミュレーション。

ハンバーガーチェーンを100店舗まで拡大することが最終的なゴールとなります。

ハンバーガーの開発は、バンズ・具材・ソース・調味料を自由に組み合わせることができ、現実世界では絶対に企画が通らないようなオリジナルのハンバーガーを作ることもできます。

たまに無性にプレイしたくなるゲームなのですが、こちらの作品もアーカイブスには登録されておらず。

どれくらいの人気があったかは分かりませんが、『バーガーバーガー2』も発売されていたのでそこそこファンはいたと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

早く限定台数の情報や内蔵タイトルの詳細が知りたいところですね。

続報があり次第、まとめていきたいと思います。

 

ゲームカテゴリの最新記事