TAB譜がある曲だけ!アコギで弾けたらカッコいいソロギター曲4選

TAB譜がある曲だけ!アコギで弾けたらカッコいいソロギター曲4選

一人で弾いても楽しいのがアコースティックギターの魅力の1つですよね。

指弾きでコードとメロディを同時に奏でるソロギターは、聞くのもモチロン楽しいですが自分で弾けたらもっと楽しいです。

 

というわけで、今回は弾けたらカッコいいソロギター曲をご紹介します。

ギタリストのオリジナル曲ではなく、ギターを弾かない人でも分かる曲で楽譜(TAB譜)が出版されているものをチョイスしました。

見出しは「曲名/アーティスト名(演奏者)」で書いています。

丸の内サディスティック/椎名林檎(おさむらいさん)

https://www.youtube.com/watch?v=LhR46Rhs7-o
10年ほど前、ニコニコ動画に突如現れた新星”おさむらいさん”が演奏する丸の内サディスティックです。

全体的にパーカッシブな音を入れながら疾走感あふれるアレンジを施した演奏で、所々にどうやって音を出しているのか分からないようなテクニックも見せてくれます。

この丸サディは多くのおさむらいさんファンを生み出し、今ではライブも行う人気ギタリストとなりました。

動画だけでは細かい手の動きが分かりにくいですが、TAB譜も発売されていますので挑戦してみてはいかがでしょうか。

おさむらいさんモデルのギターもあります。

 

ルパン三世のテーマ’80/大野雄二(南澤大介)

https://www.youtube.com/watch?v=iQqMHv3nl30
「ソロギターのしらべ」シリーズの編曲でおなじみの南澤大介さんが演奏するルパン三世のテーマ’80です。

南澤先生のアレンジは、どれも原曲の雰囲気を残しながら誰でも練習したら弾けるような絶妙な編曲をされています。

シンプルすぎず複雑すぎないアレンジ、これは簡単に見えて実はかなり難しいことなのです。

中でも、このルパン三世のテーマ’80は原曲のJuzzyな雰囲気をしっかりと出しながらも、運指が難しすくなりすぎないように仕上げた素晴らしいアレンジです。

 

未来予想図Ⅱ/DREAMS COME TRUE(松井祐貴)

https://www.youtube.com/watch?v=qyd9NJKHPNU
松井祐貴さんの演奏の中では珍しく終始大人しいアレンジの未来予想図Ⅱです。

とても丁寧にメロディを歌い上げるのが特徴的で、抑揚のつけ方が非常に上手くサビに向けて盛り上げる華のある演奏です。

アコギらしい繊細かつダイナミックな音を存分に楽しめるアレンジではないでしょうか。

 

恋/星野源(井草聖二)

https://www.youtube.com/watch?v=ADFpl8vFegM

”逃げ恥”で大流行した「恋」を新世代ギタリスト井草聖二さんが演奏しています。

正確でキレのあるタッチが特徴的で、どんな超絶技巧も簡単そうに弾いてしまうテクニシャンです。

後半部分はピックならまだしもフィンガースタイルだと苦労しそうなフレーズです。

井草さんがアレンジする楽曲は比較的新しいものが多いので、10代~20代の人には聞き覚えのある曲が多いと思います。

TAB譜も発売されたばかりのようです。

アコースティックギターで弾けたらカッコいいソロギター曲、いかがでしたでしょうか。

おすすめはまだまだあるので今後も追加していきたいと思います。


アコギカテゴリの最新記事