メーカー製PCで無償アップグレードしたWindows10ライセンスを別のPCに移行した方法

メーカー製PCで無償アップグレードしたWindows10ライセンスを別のPCに移行した方法

少し前の話になりますが、Windows10に無償アップグレードしたLenovo製の液晶一体型PCが故障しました。

画面が点いたり消えたりして、色々調べたところソフト側ではなくハード側の問題(=液晶の故障)と考えられました。

しかし、HDMI等の外部出力端子が何も付いていないPCだったので、PCごと買い替えざるを得ませんでした。

 

「Windows10のデジタルライセンスはハードウェアの大幅な変更をしても引き継げる」

ということをたまたま知っていたので、故障したPCで使っていたSSDとWindows10のOSライセンスだけ流用して後は全とっかえすることに。

デジタルライセンスとは:

Windows 10 におけるライセンス認証方式で、プロダクトキーを入力する必要がありません。ライセンス認証済みの Windows 7 または Windows 8.1 から Windows 10 に無償アップグレードした場合は、プロダクトキーの代わりにデジタルライセンスが提供されます。

通常、Windows10ではハードウェアを一部変更してもライセンスの再認証は必要ないのですが、今回はストレージ以外は全部違うものになってしまうのでライセンス認証が通るか少し不安でした。

ましてや、元々はメーカー製のOEM版Windows7なので、アップグレードしてWindows10のデジタルライセンスになっているものの何らかの制約(ハードウェア紐付け等)があってもおかしくないと思っていました。

 

結果としては、オペレーターに電話連絡することもなく、割と簡単にライセンス認証を通すことができました。

ライセンス認証までの手順を簡単に書くとこのようになっています。

  • ハードウェア変更”前”に、デジタルライセンスをMicrosoftアカウントにリンクさせる(紐付ける)
  • 新PCを準備し、流用したSSDにWindows10をクリーンインストール
  • Microsoftアカウントでログインし、ライセンス認証画面で旧PCの”Windows7”プロダクトキーを入力

注意事項:

条件が異なればライセンス再認証が通らないケースもあるかもしれません。あくまで成功した一事例としてお読みいただき、挑戦される場合は自己責任でお願いします。

ライセンスのMicrosoftアカウント紐付けと再認証方法

PC新調”前”に、Windows10のデジタルライセンスをMicrosoftアカウントに紐付けておく必要があります。

これをしておかないと、おそらくライセンスの再認証は不可能ですのでお忘れなく。

 

アカウント紐付けとライセンスの再認証方法については、ドスパラさんのページで詳しく解説されていますので以下のリンクをご参照ください。

http://dospara-daihyakka.com/report/windows10-license.html

私の場合、上記ページで書かれている手順だけではライセンス認証が通りませんでした。

ハードウェアの大幅変更(ストレージ以外は全とっかえ)

CPUをIntel→AMDに変更したため、当然ですがマザーボード・メモリ・電源などSSD以外の部分は全部変えました。

これに伴い、OSもクリーンインストールが必要となりました。

旧PC(Lenovo B320) 新PC
CPU Intel Core i5-2400S AMD CPU Ryzen 5 2400G with Wraith Stealth cooler YD2400C5FBBOX
マザーボード 不明 ASRock AMD B350チップセット搭載 Micro ATX マザーボード AB350M-HDV
SSD Crucial SSD 250GB 7mm / 2.5インチ MX500シリーズ SATA3.0 9.5mmアダプター付 CT250MX500SSD1/JP →流用
メモリ DDR3 2GB×2 G.Skill DDR4-2400 8GB×1
電源 不明 Thermaltake Smart 350W -STANDARD- PC電源ユニット PS622 PS-SPD-0350NPCWJP-W
ケース Thermaltake Versa H17 ミニタワー型PCケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00

見ていただいたら分かるように、ほぼ別のPCになっています。

元々使っていたSSDも、Windows10に無償アップグレード後にHHDから換装したものなので、そう考えると全てのパーツが変わっているとも言えますね。

アップグレード前のプロダクトキーが必要

PCを組み終わり、Windows10のクリーンインストールも無事に完了。

その後、念のために旧PCと「コンピューター名」を同じものにしておき、ドスパラさんのページにあるようにライセンス認証の画面からトラブルシューティングを行いました。

 

しかし、ライセンス認証は通らず。

そこで、下の画面の「プロダクトキーを変更します」から旧PCのWindows10アップグレード”前”のプロダクトキー(=Windows7のプロダクトキー)を試してみたら、アッサリと認証に成功しました。

もしかすると、OEM版Windows7(またはWindows8)から無償アップグレードしたWindows10では、デジタルライセンス化されているものの隠しステータスとしてアップグレード前のプロダクトキーが引き継がれているのかもしれませんね。

でも、それだとハードウェアの変更を受け付けてくれなさそうな気もしますが…、認証は通るので細かいことは気にしないことにしましょう。笑

まとめ

OSを買い直すと結構な出費になってしまうので、できれば流用したいものですよね。

今のところ、2018年5月にライセンス再認証を実施してから4か月ほどは普通に使えています。

余談ですが、初AMDは変なバグも起きますが結構気に入ってます。

ガジェットカテゴリの最新記事